今月の特集

【8月の特集】
   オリンピック出場選手から学ぶべきこと

オリンピックは並外れた精神力と肉体を持ち、競技を通じて感動を与えてくれます。
オリンピックが開催されている今だからこそオリンピック出場選手から何を学ぶか考えてみましょう。


オリンピック選手が共通して語ること

開催そのものを反対する人もいるなか、東京オリンピックが開催されました。
参加する選手の精神的な負担は、想像できるレベルのものではないと思います。
だからなのかも知れませんが、余計にオリンピック中継を見ながら感動しています。

ところでオリンピック選手が競技後のインタビューを聞くといつも感じることがあります。
・支援してくれた方々のおかげです
・応援してくださったみなさまのおかげです
といった内容の言葉が、どの選手のインタビューでも出てくるということです。

オリンピックに出場するだけで「一流」ですから、「一流になれる人」が共通に口にする言葉だと言えます。
競技を行ったのは選手ですから、「自分が!」でもよいはずです。
なぜ、他人の支援・応援を言葉にするのでしょうか?


オリンピック選手から学ぶこと

「人から支援してもらっている」「人から応援してもらっている」ということを意識することはチカラになります。
支援・応援してもらっているから・・・結果を出さなければならない
そのために、日々努力しなければならない・・・
と継続して思えるのです。

もし一人で頑張っているのであれば、本当につらいときに「ま、いいか」という気持ちになってしまいませんか?
諦めても、結果が出なくても、他人に迷惑をかけるわけでもなく、他人の協力・支援を無にするわけでもなければ・・・

どんなビジネスでも一人で行ってはいないことを認識する必要があります。
お客様がいるからビジネスが成り立つ
自分を成長させるきっかけをつくってくれた上司・先輩・ライバルがいる
応援してくれる家族や友人がいる

私がオリンピック選手から学ぶべきだと思うことは、
他人に感謝することを忘れない
ということです。
そのことが、一人で頑張っているときよりもさらに大きなチカラを与えてくれるということです。


▲ページトップに戻る